地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾の地域情報サイト「まいぷれ」西尾市

西尾市岩瀬文庫の世界

富嶽百景[天保5~6(1834~35)年/葛飾北斎(卍翁)画]

有名な富嶽三十六景の数年後の作品

 有名な富嶽三十六景の数年後の作品です。初編は天保五(1834)年、二編は天保六(1835)年刊です。初編の序文を北斎と親交があった柳亭種彦(代表作が『偽紫田舎源氏』の戯作家)が書いています。人物を巧みに配した動きに溢れており、富嶽三十六景以上にデフォルメされた遠近法を巧みに使っています。

初編の序文を北斎と親交があった柳亭種彦が書いています

One hundred Mt. Fuji views
5th ~ 6th year of Tenpo (1834~35)
Artist: Hokusai Katsushika

Hokusai Katsushika created this “100 Mt. Fuji views” several years after his famous “36 Mt. Fuji views”. The first volume was published in 1834 and the second in 1835. The preface of the first volume is written by Tanehiko Ryutei, who was a friend of Hokusai and authored the masterpiece of light fiction, “Nise Murasaki Inaka Genji” (The False Tale of Genji). Hokusai’s skillful positioning of many moving people and use of deformed perspective is more pronounced than in “36 Mt. Fuji views”.