地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

西尾市岩瀬文庫の世界

人間記臆秘法 [明和2年(1765)山本一馬編 天明4年(1784)版 江戸時代後期写]

珍しい江戸時代の記憶術の本

 なんとも不思議なタイトルとユニークな挿絵が目を引くこの本は、珍しい江戸時代の記憶術の本です。序文には、「自分は子どもの頃から物覚えがわるく、朝に読んだ本も夕方にはすっかり忘れてしまい、学問所でも苦労ばかりしてきた。しかし、あるとき呉門先生から伝授された、この記憶術のおかげで、メキメキと記憶がよくなり、どんな本でもスラスラと暗唱できるようになりました!」と、まるで現代の通販の広告のような宣伝文句が書かれています。
そして、世の子どもたちの為に、編者が呉門先生に頼み込んで公表してもらったのがこの、記憶術だ、というのです。
 その概要は、まず自分の体の部分を順に「種子」と決めます。例えば、頭の頂(てっぺん)を一、額を二、眼を三…などとします。これに記憶する物の名前を順番に「擬託」、つまり関連付けて覚えてゆく、というものです。
実は、この方法は、現在、「かけくぎ法」「場所法」として知られる記憶術とよく似ています。
 この本は、最初は明和2年(1765)に大坂の本屋から出版されて、天明4年や明治にも再版されていますので、ある程度の読者がいたようです。岩瀬文庫の本は、この天明4年版を筆で書き写したものです。
江戸時代の人も、現代の私たちと同じように、記憶力がよくなりたい、頭がよくなりたい、という望みを持っていたようですね。

岩瀬文庫の本は、この天明4年版を筆で書き写したもの

Human Memorization Techniques
2nd year of Meiwa (1765) original
Writer: Kazuma Yamamoto
4th year of Tenmei (1784) version
Published: Late Edo era

 This is a very impressive book of memorization techniques from the Edo era. It has a mysterious title and unique pictures. The preface in which Kazuma Yamamoto wrote, “I was very poor at memorizing things and by evening would completely forget books which I had read in the morning. Due to this, I was always troubled at school. However, one day, Gomon, a school teacher, introduced me to a memorization technique and through it my memorization got better by leaps and bounds and I became able to memorize any book easily!” greatly resembles the catch phrases of today’s modern advertisements.
 And so, Kazuma Yamamoto asked Gomon to publicize this technique for the children of the world.
 To quickly summarize, at first, the parts of the body from head to toe was the chosen topic as a starting point. For example, the top of the head is one, forehead is two, eyes are three… and so on. It is symbolic memorization of things in order, in other words, by connecting the name to a number. In fact, this method resembles the “Peg system” or “Loci system” of today’s memorization techniques.
 This book was first published by a bookstore in Osaka in the 2nd year of Meiwa (1765). It was reprinted in the 4th year of Tenmei (1784) and the Meiji era and so there seems to have been many readers. The book at Iwase Bunko Library is a handwritten copy of one of the reprinted versions from the 4th year of Tenmei.
 The people of the Edo era hoped to improve their memorization and become wiser, in much the same way as we do today.