地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

西尾・碧南・高浜の新鮮な地元ネタを「チョビット」紹介!!

《西尾市PFI事業探訪》旧西尾市役所一色支所を見に行ってみた!

旧西尾市役所一色支所は工事が中断されたままの状態でした

旧西尾市役所一色支所はなんだか寂しい情景です

旧西尾市役所一色支所はなんだか寂しい情景です

西尾市PFI事業の見直しの影響

西尾市がPFI事業見直しの方針を示した影響で、工事が進められているところもあれば、中断しているところもあります。PFI事業については様々な意見があると思いますが、ここでは現状はどうなっているのかをお伝えしたいと思います。

 

写真は旧西尾市役所一色支所の様子です。工事の途中で止まっている状況ですので、人気がない寂しい印象を受けます。

左のおじさんは困った表情をしています

「一色支所」は「一色町公…」へ移転とのこと。これは公民館ってこと、でしょうか

まだまだ使えそうに見える旧西尾市役所一色支所

まだまだ使えそうに見える旧西尾市役所一色支所ですが

西尾市では、旧一色支所の劣化調査を去年9月に実施しています。西尾市のホームページでは、この調査報告書が公開されていますが、これによると、全体の残存耐用年数は10年程度と判定するのが妥当とのことでした。ただし、平成17年度に耐震改修工事を実施しているため、詳細な劣化度の評価はさらに考慮する必要があるとまとめています。

 

ということは、なんとなくですが、まだ使えそうですよね?興味のある方は一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、

アクティにしお

アクティにしお

ちなみに、ですが、上の写真は西尾市民活動センターアクティにしおです。今回のPFI事業とは関係がありませんが、こちらの建物も実は旧一色支所と築年数はそんなに変わりません。

 

実はアクティにしおとなる以前は、西尾勤労青少年ホームという名称でした。この建物が建てられたのは昭和43年3月。そして平成17年に耐震改修が行われています。

 

一方、旧一色支所は昭和42年に作られた建物で、アクティにしおと同じコンクリート構造。そしてアクティにしおと同様平成17年度に改修工事が行われています。双方とても良く似ています。

 

アクティにしおは今も現役で使用中です。この違いはなんだったのでしょうか?

この記事に関するキーワード