地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

立岩から崇運寺を望む(昭和初期・一色町)

立岩から眺めた佐久島西港の船溜まりと古刹・崇運寺

昭和初期の佐久島西港

 

佐久島に向かって渡船が最初に立ち寄るのが佐久島西港です。

 

港の奥に向かって正面の高台に建つのが、鎌倉時代の建久3年(1192)年に創建されたと伝えられる崇運寺です。この写真は、対岸の立岩から崇運寺を眺めた一枚。

 

右手の木立に隠れた大屋根が崇運寺です。港内には、島の周辺での漁に使う小舟のほかに、写真中央には愛知県型打瀬船の姿も見られます。三河湾で明治20年代に生まれたこの漁船は、それ以降、全国へと急速に広まっていくことになります。

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス