地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾の地域情報サイト「まいぷれ」西尾市

西尾の昔写真館

沖島での潮干狩り(昭和初期・東幡豆町)

今も昔も石がゴロゴロ 沖島の潮干狩り

昭和初期の沖島での潮干狩り

 

三河湾のアサリのなかでも、とりわけ味が良いと人気が高い沖島での潮干狩り。

 

砂を掘ってアサリを探すのかと思いきや、ここは石がゴロゴロしている岩場です。小石に交ざったアサリを探すのは、今も昔もどこか宝探しのようです。海を隔てて向こうに見えるのは前島。かつて前島はうさぎ島と呼ばれ、昭和33年から名鉄が開発を進めました。

 

一方、沖島も猿が島として日本モンキーセンターの支所が置かれ、こちらも一大観光地として賑わいました。 

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス