地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

ガラ紡工場で働く女工さん(昭和10年頃・西尾市中畑町)

丘に上がったガラ紡工場

昭和10年頃のガラ紡工場

昭和10年頃のガラ紡工場

ガラ紡とは現在の長野県安曇野市出身の臥雲辰致が明治9年に発明した国産紡績機。ガラガラと音を立てることからその名が付きました。

 

矢作川流域の中畑では、明治時代からこのガラ紡を使った船紡績がとくに盛んでした。しかし、昭和4年の越戸ダム完成によって矢作川の水量が減ったことで、船紡績は急速に減少しました。さらに電化が進んだことで、ガラ紡の動力源の水車が必要なくなり、紡績工場は陸に上がりました。

 

これは当時の紡績工場のようすです。左側の女工さんが向き合う機械がガラ紡績機です。ちょうどガラ紡が紡ぐ糸を巻き取る糸枠の交換作業をしているものと思われます。

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス

 

過去の記事を見てみる