地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

金蓮寺弥陀堂の旧景(昭和8年頃・西尾市吉良町)

瓦葺きだった頃の弥陀堂

昭和8年頃の金蓮寺弥陀堂

昭和8年頃の金蓮寺弥陀堂

 

源頼朝が三河国守護の安達盛長に命じて建てさせた三河七御堂のひとつと伝えられる金蓮寺弥陀堂。

 

実際には頼朝の時代よりもやや下った鎌倉時代中期の建造物と考えられています。五重塔などの建築に用いられる方三間という様式の寄棟造り、檜皮葺の屋根が特徴です。愛知県下では現在、最古の木造建築物として昭和30年に国宝に指定されています。

 

写真はその以前に撮影されたもので、創建後の改修によって、一時期こうした瓦葺きの時代もあったことを伝える貴重な一枚です。

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス

 

過去の記事を見てみる