地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

新浜寺海岸にやってきた水上機(昭和10年頃・碧南市浜寺町~浜町)

飛来した水上機を見ようと集まった人びと

昭和10年頃の新浜寺海岸

昭和10年頃の新浜寺海岸

車輪の代わりにフロートと呼ばれる浮きを取り付けた水上機が白砂の海岸に整然と並んでいます。旧日本海軍航空隊創設に関わり、予科練習生(通称=予科練)の生みの親とも呼ばれる山田忠治(碧南市鷲塚出身)が、大正7年に始めた長距離飛行訓練が淵源とする碧南名物のひとつ。

 

写真は茨城県の霞ヶ浦航空隊所属機が訓練飛行で飛来した時のようす。砂浜には珍しい飛行機を間近に見ようと文字通り黒山の人だかりができています。

 

当初は予算の少ない航空隊で、訓練費用をカンパしてもらうため、山田の地元で始まったこの長距離訓練飛行。その後は、人びとの空への憧れをかき立て、海軍への理解や協賛を得るために重要な役割を担うイベントへと発展していきました。

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス

 

過去の記事を見てみる

人気のキーワード