地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

入浜式塩田が広がる白浜新田(昭和初期・西尾市吉良町)

浜辺の原風景 入浜式塩田

昭和初期の入浜式塩田のようす

昭和初期の入浜式塩田のようす

江戸時代前期の元禄期に盛んになったといわれる吉良の塩田。遠浅の三河湾を利用した塩作りの歴史は、戦国時代末期の今川義元文書にも記載があるほどです。

 

この地で採取された塩は「饗庭塩」の名前で、三河地方はもちろん、信州方面まで出荷されました。砂浜を利用する入浜式塩田は、まず砂に付着した塩分を砂ごと集めてそこに海水を掛け、濃度の高い塩水を作ります。こうして集めた塩水を平釜で煮詰めると塩ができます。

 

入浜式塩田による製塩は、昭和28年の台風13号による三河湾沿岸部の壊滅的被害により姿を消し、より生産性の高い方式へと変更されました。 

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス

 

過去の記事を見てみる

人気のキーワード