地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」

あの頃この辺り~写真で辿る西尾・碧南・高浜~

佐久島でのこのわた製造(昭和初期・西尾市一色町)

佐久島名産の「このわた」製造所

昭和初期の佐久島でのこのわた製造の様子

昭和初期の佐久島でのこのわた製造の様子

 

今も佐久島を代表する特産品に数えられる「このわた」。

 

ナマコの内臓を塩辛にしたもので、江戸時代には佐久島のこのわたは、江戸幕府へも献上され、歴代将軍が楽しんだと伝えられる逸品でした。そのため、江戸時代には三河のこのわた、肥前のからすみ、越前のうにが「天下の三大珍味」と呼ばれていたほどでした。

 

佐久島でのナマコ漁は、12月から3月が漁期で、写真は佐久島西港近くにあったこのわた製造所のようすです。

 

(写真提供・文責=げんぞうアーカイブス

 

過去の記事を見てみる