地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西尾・碧南・高浜の地域情報サイト「まいぷれ」西尾・碧南・高浜

ぶらり西尾観光《其の23》伊文神社

 株式会社モーション・ビジュアル・ジャパンのニュース

ぶらり西尾観光《其の23》伊文神社
西尾市を代表する神社のひとつ

今日から西尾祇園祭ですね。この祇園祭りに伊文神社はなくてはならい存在です。
祇園祭りは江戸時代から盛んだったそうで、「みこしの渡御(とぎょ)を始め天王町のしし舞、肴町の大名行列、本町の手踊り等は今も受け継がれている。」(立て札より)

私が子どもの頃はまだ中央通りも拡幅する前で、車も普段は一方通行の狭い道を大名行列が通っていました。それはそれはもの凄い人混みで前へ進むのも一苦労。スリや痴漢も多かったことでしょう。おっさん達も普通にたばこを吸いながら歩いていましたし、今では考えられない様な光景だったと思います。それが今では道幅も広がり、昔に比べればゆったりと見ることができるようになりましたね。祭りの中心も歴史公園に移動しましたし、徐々に祭りも様変わりしています。

さて、伊文神社。
以前も書きましたが、今から1100年程前、文徳天皇の皇子が都からこちらにお引っ越しされる際に天王社(現 伊文神社)と八幡社(現 御劔八幡宮)も一緒に三河の地へお引っ越ししたと記されています。天王社(現 伊文神社)は元々宮町に祀られていたそうですが、後醍醐天皇の時代に今の場所にお引っ越ししました。神社ってちょいちょいお引っ越しするんですね。

実は名前もちょいちょい変わっています。
天王社→伊文山天王(いもやまてんのう)→伊文山牛頭天王(いもやまごずてんのう)→伊文社(いもんしゃ)→伊文天王(いもんてんのう)→伊文神社(今ここ)

なにせ、西尾の産土神(うぶすながみ)です。産土神とは「その人の生まれた土地を守る神。鎮守(ちんじゅ)の神。」とGoogleで調べたら書いてありました。西尾をずぅっと守ってくれているんですね。

【伊文神社】愛知県西尾市伊文町17


★「ぶらり西尾観光」シリーズ一気読みはコチラから!

株式会社モーション・ビジュアル・ジャパン|まいぷれ西尾
http://nishio.mypl.net/shop/00000348391/

自動車関連・製造業など法人向け動画制作実績多数!企画から納品まで全ておまかせ!
愛知県を中心に全国どこでも伺います/株式会社モーション・ビジュアル・ジャパン
http://motionvisualjapan.com/

一味違った映像(動画)で訴求力アップ!【ドキュメンタリープロモーションビデオ】
http://www.d-pv.jp/
広告・看板・印刷・ホームページ制作[映像制作(映画・テレビ番組・CM・企業・イベント・WEB)]

株式会社モーション・ビジュアル・ジャパン

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。